腰椎椎間板ヘルニアとスタンディングデスク

思い起こせばもうずっと長いこと定期的に腰をいわしていました。
そして今年9月頭に発症した腰痛はなにか今までのとは感触が違くて、おかしいなおかしいなと思っていた所とうとう坐骨神(経痛)が顕現。おしり太ももふくらはぎすごいイタイイタイですよ。それが3ヶ月経っても一向に良くならないのでMRI撮ってもらってきたところがこの有様です。

ハミ出てますねグミが。    

これがもうとにかく辛くて、こんな職業なのに30分も椅子に座っていられない。神経由来の痛みというのはこれ程のモノなのかと。でも仕事だし仕方ないので騙し騙しやっていると気が付けば全身油汗なのか冷汗なのかしらんけどそのような液体でびっしょりになり、やるせないイライラも高まり、思考能力もどんどん奪われ、頭の中がおしりイタイイタイで埋め尽くされ、このままではいかん!!ということでこんばんは。ドゥーの時間です。

今回は色々悩んだ結果、FlexiSpotの手動で昇降するタイプの脚を選びました。電動に対する憧れや信仰みたいな強い想いはあったんですが、高価だし、モーター壊れたら嫌だなと思って。
今回はこいつに、現状の作業机の天板だけを移植して、可変式スタンディングデスクにドゥーする計画です。

もう一度言いますが、ドゥーしていきます。
なんかゴチャゴチャしていますがビフォーです。

 

これがこのようになり

 

こうして

 

こう。
機器置き場は全ねじボルトで吊る方式です。吊る際の板の保持等、今回は奥様にだいぶ手伝ってもらいました。天板に大穴を開けるに至った話ついてはこちらなど。

 

グルグル回せば縮んで伸びる。

 

全乗せ。

 

この右下のハンドルをグルグルやって昇降させますが、日増しにある想いがつのります。正直電動にしておけば良かったと。なぜか。だいぶ重いからです。

 

ポン付けも甚だしい感じに機器冷却用のファンも移植完了。

 

ということで無事、不調な時にはスタンディングスタイルで、という環境を手に入れることができました。重量とスペースの関係で、引き出しを移植できなかったのが痛い。なんとかしなければ。

 

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です